アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHJz用 4エレ・bend dipole(再々)

4エレ・bend dipole(16.07.23の記事)--bent dipoleと誤記--は、1.5λ長ダイポールの
エレメントが約1/2長のところで曲がる八木です。 ブームは\100店の50cm定規。
エレメントはφ3アルミパイプをφ2アルミ線で連結(φ2アルミ線を曲げて収納) 
サポートパイプ(ABS樹脂パイプ)でエレメントを整列します。
アルミ針金を折り曲げて袋に収納。ザックの外に縛り付けて移動運用に持って行きます
が、移動中にφ3アルミパイプのエレメントが曲がる事が度々あり、なんとかしたい。
a すんぽとしゅうのう


(2)('16.07.23の)では、各エレメントはブームに固定ですが、各エレメントを分離し
組み立て時に、個別にブームに取り付けるようにしました。
b ぶんかいん

 収納状態の比較。(今回の)は2分割したブームの間にエレメントを挟み保護して収納。
c ひかく


 100店の50cm定規の小片にφ3穴を開け、木綿糸と瞬間接着剤で固定。 裏面はφ3の
 穴同士の間に溝を彫り、木綿糸を落とし込んで→平らになるように。
d まえ

次にエポキシ接着剤で」補強。
e あと


 ブームの裏面側からφ5の穴を開けて、ライターで加熱したM3ナットを押し込み、
ローレットねじを設置。お団子の串とともにエレメントを固定します。
f ぜん


各部の寸法は、('16.07.23の)と同じです。SWRは431.7〜434MHzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計距離2m、出力1Wで180μA。念のために('16.07.23の)を
同時に測定すると、やはりやはり180μAでした。 ('16.07.23の)は作成時の測定では
220μAでした。 以前にもあった、簡易電界強度計の測定誤差だろうと思います。
g あんてな


(3)蛇足
(a)¥100店のレジャーシートをセロテープで貼り合わせたアンテナ収納袋です。
   通常の八木に較べずいぶん嵩張ります。又、(今回の)もザック内に押し込むと、
   やはりエレメントが曲がりそうで、ザックの外側に縛り付けたほうが良さそう。
   作る手間はかなりかかったが、思ったほどの効果は無い様で、嬉しいです。   
h ふくろ

(b)MMANAのデータ('16.07.23の記事からのcopyです)
         計算値
f けいさんちん

         パターン
g ぱたん

         定義
h ていぎん




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する