アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 6エレ八木

(1)はじめに
  参照HP: http://www.qsl.net/dk7zb/PVC-Yagis/6-Ele-2m.htm
  2m用の八木をMMANAで433MHz用にサイズ変換しました。


(2)エレメントはφ3アルミパイプ。ブームはφ5アルミパイプ。
a あんて

b すんぽん
D1,D2の移動でSWR調整。SWRは431.3〜434.7MHzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計 出力100mW、距離2mで500μA超。

    給電部
c Qでんぶ
d QQでんぶ
9mm長のφ3黄銅パイプに、40mm長の¥100店の柔かに曲がるφ2アルミ針金を挿入、
圧着した、のを2本、20mm長のφ5(肉厚1mm)ABS樹脂パイプの両端から圧入。
このABSパイプの側面に10mm間隔で空けた2つのφ3穴から、BNCをφ3黄銅パイプ
に半田付け。両側に伸びるアルミ針金の先端にφ3アルミパイプのエレメントを圧着。
これを、ブームのφ5アルミパイプに「木綿糸+瞬間接着剤」&エポキシ接着剤に固定。


     反射器、導波器の各エレメント
e えれめんと
 80mm長の¥100店の柔かに曲がるφ2アルミ針金の中央に20mm長のφ3黄銅パイプ
を圧着固定し、20mm長のφ5(肉厚1mm)ABS樹脂パイプに圧入。
アルミ針金の両端にφ3アルミパイプのエレメントを圧着。
これを、ブームのφ5アルミパイプに「木綿糸+瞬間接着剤」&エポキシ接着剤に固定。


φ5アルミパイプのブームは、3分割。φ7(肉厚1mm)のABS樹脂パイプで連結。
f れんけつまえ


各エレメントをφ2アルミ針金の処で折り曲げて収納(全重量61g)
g ぶんかい


(3)蛇足
(a)折畳んで、又伸ばした各エレメントは「大体 整列している」程度であれば、SWR
   が変わらない様です。←(作る前から心配していましたが)

 (b)ばらばらのパイプに分解する八木に較べ、組み立て/分解収納は少し楽。
   但し、収納が嵩張る。
   
(c)¥100店の柔かに曲がるφ2アルミ針金の薄い塗装を細かいサンドペーパーで
  剥がして使用しています。¥100店には、他にφ1.5、φ3のものがありました。
   最近、平型(5mm幅*たぶん1mm厚)のアルミ針金も見かけました。

(d)MMANAのデータ
        計算値
h Kさんち

        パターン
i_201610261302394d9.jpg

        定義
j Tぎ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する