アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 8エレ八木

(1)はじめに
  参照HPはhttp://www.h3.dion.ne.jp/~mainno1/new03old06412/jikaq01/jikakyuden01.html
  HAL_KEN製 P-BONEシリーズです。 エレメント径φ2mmをφ3mmに変更。


(2)こんなのができました
a あんと
    エレメントはφ3アルミパイプ。ブームはφ5アルミパイプ
b すんぽ
MMANAのデータ通り(のつもり)に組み立て、SWRは432.5〜435.5MHzの範囲内で1.1以下でした。
いつもの簡易電界強度計 距離2m、出力100mWで500μA超。


          給電部
c Qでんぶ
φ3アルミパイプのRaエレメントの一端に先端を5mmほど覗かせてM2ねじを圧着固定。
短尺のφ5黄銅パイプにM2ナットを金槌で叩き込み、更に短尺φ4黄銅パイプと、
15mm長のφ3黄銅パイプを挿入して半田付けで固定。---を2本作り、
20mm長のφ5(肉厚1mm)樹脂パイプの両端からφ3黄銅パイプを挿入。
樹脂パイプに、10mm間隔で開けたφ3穴を利用してBNCを半田付け。
樹脂パイプは木綿糸&瞬間接着剤でブーム(φ5アルミパイプ)に固定。
d Qでん
   次にエポキシ接着剤で補強。
e きゅ


      反射器、放射器の各エレメント(φ3アルミパイプ)は、
中央付近にφ4アルミパイプをM2ねじをストッパーとして取り付け、
ブームに固定した20mm長のφ5(肉厚1mm)樹脂パイプに挿入、支持します。
f えれめんとお


       ブームは3分割し、φ4黄銅パイプを介して連結します。
g つま


       M3ローレットねじを取り付けた三脚等への固定冶具は、
補強用にブームに被せたφ6黄銅パイプにM2ねじで取り付けました。
h こてい


      分解/収納状態(重量74g うちブームは46g エレメントは28g)
i ぶんかい


(3)蛇足
(a)参照HPのデータが確実であったので、無調整でSWRが下がりました。

(b) 軽量ですが、φ5アルミパイプのブームとφ3アルミパイプのエレメントの構成で、
   かなり華奢です。 取り扱い注意。

(c)MMANAのデータ
         計算値
j Kさん

        パターン
k ぱたん

        定義
l Tぎ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する