fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

続、続々 slingshot antenna

(1) 始めに
 09.03.29景信山での移動運用の際に、テスト運用(6エレ・ダブルバズーカ(シングル)と比較)を行いました。受信性能が比較的よい事及び、受信感度に方向性があるらしい事が解りました。又、このときのSWRは1.7と大きめでしたので、これを下げる事と、アンテナ製作の再現性確認のためにもう一つ作ってみました。

(2) 方向性の確認
 前記の移動運用の際に、下図の、赤で示した中心導体側に接続された方の垂直エレメントの方向(Fa方向)の方が、青で示された外部導体に接続の垂直エレメントの方向(Ba方向)よりも受信感度が大きい事を見つけました。
 送信についても方向性があるのか?簡易電界強度計で、確認してみました。
出力1W,距離3mで測定しましたが、下図の様に明瞭な方向性が認められました。
1 方向性2

(3) SWRを下げる。
 製作過程で、垂直エレメントにもう1本金属棒を近づけるとSWRが下がる事が解っていましたので、上図のBa側にエレメントを追加しました。
2 1号
SWR計を見ながら竹棒にセロテープで固定したエレメントを、アンテナに近づけたり、離したりしてみると、SWR1.0近くまで下がる位置が見つかりました。外部導体側の垂直エレメントから40mmの位置です。その位置で、追加エレメントを取り付けて再測定すると、おやおやSWRは1.3でした。釈然としませんが、実用上はOKですので、これで妥協する事にします。

 追加エレメントの長さはエレメントの頂点が、他のエレメントと同じ高さになるようにしました。
これより長く、或いは短くすると、SWRが大きくなります。

 中心導体側に追加エレメントを配置すると、SWRの低下は、鈍い感じでした。

ともあれ、エレメントを追加後に、簡易電界強度計で測定すると、方向性は更に顕著になっています。
3 方向性1


(4) 2号機の作成
 以上は、09.03.28に作成したアンテナの追加工ですが、新たに2号機を作りました。
4 寸法図



1, 2号機は作成内容が少し異なります。
水平エレメントは凹形のアルミ型材(10*10mm 肉厚1mm)を使用しましたが、1号機では凹形の開口部が上向き(垂直エレメントのノビル方向)で、2号機は逆に開口部を下向きで、組み立てました。この理由は垂直エレメントの違いで、1号機は折り曲げ機構付きのロッドアンテナを使用しましたが、2号機はφ8アルミパイプの一端側に、黄銅製のプリント基板用スペーサ(3mmねじ)を嵌めて、ネジで着脱出来る様にした為です。追加エレメントはアルミ型材に取り付けた、M3ナットを埋め込んだアクリル板に、同様にスペーサ利用のねじで取り付けました。、
5 2号の組立
この違いの為なのかどうか?上図の様に、垂直エレメントの長さ(寸法A)が異りました。尚、寸法Aはアルミ型材の上面からの寸法です。

 2号機のSWRは、追加エレメント無しで、1.7。追加エレメントは1号機と全く同じ経過を辿って、結果的に1.3でした。

(5) 簡易電界強度計での測定、比較
 前記と同じく出力1W、距離3mで比較しました。前記1号機の値も併記します。製作内容が少し違ってはいますが、マアマアの再現性はありそうです。
6 方向性

 2/3λヘンテナは、同じ測定で、75μAでした。

  6エレ・ダブルバズーカアンテナ(シングル)を同様に測定したところ、1Wでは
電流計の指針がびゅんと振り切れます。50mwでの測定では20μAでした。

(6)収納時の状態。
   上が1号機、下が2号機。
  1号機はロッドアンテナの折り曲げ機構で折り曲げ収納です。
  2号機は垂直エレメント端部のねじを緩めて外しました。
7 収納時
 重量は1号機130g、2号機140gでこの大きさのアンテナとしてはやや重い感じ。

(7) その他
(a)左右対称形のアンテナで、送受信に方向性が現れるのは、何故?

(b)追加エレメントはプラスチックで支持して取り付けました。取り付け後に
   導体で水平エレメントと接続(水平エレメントを延長する感じで)すると
   SWRはかなり大きくなりました。

(c)追加エレメントは“外部導体に接続された側の垂直エレメント”から40mm
   に設置しまし。中心導体に接続された側の垂直エレメント”の近傍に、更に
   追加エレメントを設置しようとしたらSWRが大きくなりました。

    “中心導体側“から200~250mm離れた位置にエレメントを追加すると
   SWRが小さくなりそうです。このエレメント追加で指向性が鋭くなる等
   のご利益があるかどうか? そのうちに試してみようと思います。 

(d)妙なところの多いアンテナですが、景信山でのテスト運用及び、今回行った
   簡易電界強度計での比較の結果から、耳は割に良く、アンテナの大きさの
   割には比較的性能が良いと思います。




PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する