アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 6エレ八木(製作失敗)

(1)はじめに
   折り返しダイポールの放射器の4エレ八木(!16.11.20の記事)に2エレ追加して
   6エレのMMANAデータを作り、まずまずの計算値でしたので、作ってみたが。

  
(2)やれやれ
     エレメントはφ3アルミパイプ ブームはφ6アルミパイプ
a あんと
b すんぽ
MMANAのデータの通りのつもりに作ってSWRは4307〜435.1MHzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計 距離2m 出力100mWで150μAでした。
(!16.11.20の記事の4エレも 150μAでした)
「SWRは下がったが飛ばない」いつもの失敗パターンです。

(3)MMANAのデータ
         計算値
c Kさん

         パターン
d ぱたん

         定義
e j Tぎ


(4)蛇足
(a)アンテナの作り方は !16.11.20の記事の4エレと同じです。
   但し、各接着部は、エポキシ接着剤での補強は行っていません。
    
          給電部
φ3アルミパイプの一端にφ3黄銅パイプをφ2黄銅針金を介して圧着及び半田付けで
連結しBNCを半田付け。これを、直径の約半分に切ったφ7樹脂パイプとプラスチック
板に木綿糸+瞬間接着剤で固定。
f Qでんぶ
ブームに、半分に切ったφ8樹脂パイプにM3ローレットねじとお団子の竹串を取り付け、
固定します。φ8樹脂パイプの一部はφ10樹脂パイプで補強、及びM3ローレットねじを
受けるためのM3ナットをライターで加熱して埋め込みました。


放射器Ra両端の曲げは、先細りのラジオペンチに、傷予防の為のビニルテープを巻き、
ペンチ掴み部の幅7mmの処でφ3アルミパイプを挟み(折り返し間隔10mmなので、
曲げ内寸は7mm)手曲げし、金槌で叩いて直角曲げ部の つぶれ を誤魔化しました。
g まげ


   ブームは3分割し、φ5黄銅パイプを介して連結しました。
h れんけつ


    写真用三脚などへのアンテナ取付時具(M3ローレットねじを取り付け)は、
   ブームの補強のためにφ8黄銅パイプを被せてM2ねじ2本で取り付け。
i しじ


  分解収納状態(重量72g うちブーム37g エレメント35g)
j ぶんかい

(b)DIYに置いてあるφ3アルミパイプは数量が少なく、曲がっているものが多い。
  DIYでは、曲がる事での損失を見越して、仕入れ量を制限しているのでは?
  行くことが可能な近くのDIYのうち1店では、ぐにゃぐにゃに曲がって使用不可
  なφ3アルミパイプが3本、この3週間は交換されていません。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する