アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 DG7YBN・7エレ・八木

(1) はじめに。
 DG7YBN局のHP:http://dg7ybn.de/432MHz/GTV70_7.htm を参照して
 エレメント径φ4で作成('14.08.11mの記事)したものを、エレメント径φ3で再作成。
 参照HPの放射器の形は“〔”ですが、簡略化のために“く”形として作成。 


(2) ま、ともかく こんなのが
a あんと
 エレメントはφ3アルミパイプ、ブームは薄肉φ6アルミパイプ
b すんぽ
 MMANAのデータ通りに組立でSWRは431.2〜433.7MHzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計 距離2m 出力100mW で180μA。
同時に測定の6エレ八木(’16.10.26の記事)も同じく180μAでした。が、この
6エレの‘16.10.26での測定では500μA超を示しました。
         ***********
昨夜の測定では、簡易電界強度計の指示値がピクピクと変動すると共に測定値も
距離1mで測定して100μA程度でした。何かの抑圧めいた外乱がある様です。
        ************


       給電部。
c Qでんぶ
φ5樹脂パイプの両端から、φ3、4、5黄銅パイプにM2ナットを固定したエレメント受け
を挿入。φ3アルミパイプの端部にM2ねじを圧着した放射器エレメントをねじ込みます。
(昨年11月以降の作成と同じ構造ですが、今回はφ5樹脂パイプを加熱して曲げました。)
d Q
給電部はφ6アルミパイプのブームに木綿糸と瞬間接着剤で固定後エポキシ接着剤で補強。


 反射器、放射器エレメントの保持
e D
従来と同じ構造です。20mm長のφ5ABS樹脂パイプを木綿糸と瞬間接着剤で固定後、
エポキシ接着剤で補強。これに、4mm長のφ4アルミパイプをストッパとしてM2ねじで
固定したφ3アルミパイプのエレメントを挿入、支持します。


 φ6アルミパイプのブームは4分割し、φ5黄銅パイプを介して連結。(従来と同じ)
f れんけつ


アンテナを写真用三脚に支持するための治具は、M2ねじ2本でブームに取り付け。
取付け部には、ブームの補強のため短尺のφ5黄銅パイプを挿入し、M2タップでブームを
貫通するねじを切り、更にナットで固定してます。(従来と同じです)
g しじ
この治具については、カテゴリー「無線関連」のアンテナ支持(’15.01.30の記事)を
ご参照ください


 分解収納状態  アンテナ重量86gr.(うちエレメント25gr. ブーム61gr.)
h ぶんかい


(3) 蛇足
(a)今年最初ではなくて2本目のアンテナで、昨年末からブログにUPしていませんが、
「SWRは下がったが飛ばない」とか「SWRが全く下がらない」など、特に珍しい事では
無いものの、すらんぷ続行中。更に、前記の簡易電界強度計の外乱??もあり、
心楽しく 過ごしております。

 また、作るアンテナも、その構造/作り方もマンネリだなぁと強く感じてはいますが、
さりとて知恵も無く、これまた 心楽しく ろくでもなく 過ごしております。

(b)MMANAのデータ
         計算値
i kさんち

        パターン
j ぱたん

           定義
k Tぎ
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する