fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430Mhz用 SLIM-JIM antenna

(1)はじめに
 今回も横文字のHPを参照して作りましたが、国内のHPや雑誌にも、自作例等などが掲載されている様です。300ΩのTVフィーダー線(最近はあまり見かけませんが)を利用した作成例が雑誌に掲載されているのを読んだ憶えがあります。
1 全体&寸法

 尚、上の図の寸法はエレメントの中心線から測った長さです。
給電点の位置(33mm)は、後述の様にSWRの値を見ながら調整する必要があります。
2 slim jim寸法2


(2)製作内容
  手持ちのφ3黄銅パイプで作りました。スペーサは、φ8のガラス繊維入り樹脂パイプを使用し、木綿糸を巻き、瞬間接着剤で固定しました。
3 固定部

全長が50cmを越えるので、2分割しました。
4 分解

 分割されたアンテナはφ2のステンレス線で連結します。スペーサは、分割された各々に設け、一方のスペーサ(下の写真で左側の)は写真用三脚への取り付けの為に、ブームを差し込む様にしました
5 連結部

 7mmのエレメントの空隙部は、いつもの“おだんごの串”を削って差し込み、瞬間接着剤で固定しました。
6 空隙部

 給電はBNC-Jコネクタを直接半田付けしました。コネクタを付ける位置はSWRを見ながら調整が必要です。今回は5mmほどの範囲内で3回ほど半田付けをやり直しました。
7 給電部


(3)性能測定
 いつものように簡易電解強度計で比較を行いました。かなり怪しげな測定ですので、
本質的には、どのアンテナも大差は無いという事だろうと思います。

                     電界強度計の電流計の読み
                 出力350mW    50mW    1W
     2/3λヘンテナ    12μA     5μA    100μA超 
      J型アンテナ     20μA     5μA    100μA超
     SLIMJIM       28μA     5μA    100μA超

ヘンテナとJ型アンテナは指向性が現れますが、SLIMJIMには明確な指向性は
無い様でした。尚、出力350mWはスタンダードC460、50mW及び1WはVX-6で
測定しました。

参照アンテナ 
(a)2/3λヘンテナ  概略寸法46*12cm(‘08.07.10の本ブログの記事参照)
8 伸張時

(b)J型アンテナ  概略長さ54cm(‘08.05.03の本ブログの記事参照)
9 J 型アンテナ伸張

(4)その他
(a)どうやって作ろうかな?とか、材料はどれで?などなど、この過程が楽しいです。
   結局まる1日かかってしまいましたが、実質的な製作作業時間は2時間以下で、
   比較的簡単に作ることが出来ました。

    性能については、前記のようにハッキリしませんが、作りやすいのが長所かと。
   アンテナの上部が、1/2λのラジエータとして働く様ですので、八木系アンテナの
    放射器としての利用が出来るかも知れません。

(b)スペーサに使用したガラス繊維入り樹脂パイプは、横浜の東急ハンズで購入しました。
   φ4~φ8程度の数種類の径があり、肉厚は約0.5mm。軽量で、太径のものは、
   6~8エレメント程度の八木のブームに使用出来る程度の強度があります。
   瞬間接着剤で強固に接着出来、金鋸、ヤスリでの切削加工が容易です。
   長手方向に割れやすいのと、1m長で、¥700~800と高価なのが欠点です。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する