fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 5エレ・八木

(1) はじめに。
5エレDG7YBN・八木(’17.02.01の記事)を現物合わせで もう1本作りました。
a あんと
垂直スタックとして、ビームの切れは鈍く、利得だけ稼ごう。と云う たくらみ。


(2) スタック間隔は1λ(約70cm)としました。
b くみあげ
  SWR:: (’17.02.01の記事)は430.8〜433.8MHzの範囲内で1.1以 下
     :    今回作成したのは430.2〜433.7MHzの範囲内で1.1以下
     :垂直スタックの状態では419.3〜434.8MHzの範囲内で1.1以下

今回は簡易電界強度計が、私の頭と同じく調子が変なので測定していません。


スタック機材(スタックバーの重量41g 同軸管分配機の重量100g)
c すたっく
スタックバーはφ8ガラスフィラー入り樹脂パイプ、3mm厚プラスチック板などで作成。
移動用として2分割で作成。
同軸管分配器についてはカテゴリー「無線関連」の’14.07.20の記事をご参照ください。
Qマッチの分配器の方が多少軽量と思われるが、現在75Ω同軸線の手持ちがありません。


(3) MMANAのデータ
       計算値
d Kさん

       パターン
e シングル ぱたん

f スタックぱたん

   定義(’17.02.01の記事から転載)
g Tぎ


(4) 蛇足
(a)MMANAによる{計算上は}ビームパターンはほぼ同じで、利得は約3dB増加。
   企みは成功。と、言うより当たり前の結果なのではあるが、、。
   この為にアンテナ1本とスタック機材の重量 53g+141g=194gの増加。
   総重量は更にアンテナ1本の追加で247gとなり、元の(アンテナ1本の)
   約4.7倍の重量になる。加えて、移動先の山の上での組立ての手間が加わる。
   となると、さほどにはメデタクもなし。(予め考えたら、当たり前なのだが。)

(b)簡易電界強度計の指示値が異常に小さいと云う状態がこの数日続いています。
   使用無線機(VX-3)は100mWで移動運用もしており、出力低下は考えにくい。
   外部からの抑圧?と思うが、原因も対策も解らず、困っています。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する