アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 6エレ八木

(1) はじめに
  DG7YBN局のHP:http://dg7ybn.de/432MHz/GTV70_7.htm を参照して
  6エレ八木を作成エレメントはφ3アルミパイプ(’17.02.14の記事)

  今回はこのMMANAデータをイタズラして、φ2アルミ棒で作りました。


(2) 軽量化出来るかな? と思いまして。
a あんと
    エレメントはφ2アルミ棒、ブームはφ5アルミパイプ
b すんぽ
MMANAのデータの通り(のつもり)で、SWRは429.7〜435.1MHzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計は、今回はなんとか測れました。(不調の原因はまだ不明)
出力100mW ,距離2mで、今回のも、‘17.02.14のも、共に380μA でした。


     給電部(従来と同じです)
c Qでんぶ
φ5樹脂パイプの両端から、φ3、4、5黄銅パイプにM2ナットを固定したエレメント受け
を挿入。φ5樹脂パイプを加熱して“く”の字に曲げ給電部は木綿糸+瞬間接着剤で固定後
エポキシ接着剤で補強。
d Qでん
 φ3黄銅パイプの一端にφ2アルミ棒の放射器エレメントを圧着。黄銅パイプの他端に
M2ねじを挿入して半田付け。この放射器エレメントを給電部にねじ込み固定します。


      導波器、放射器エレメントの支持(従来と同じです)
e で
ブーム側は20mm長のφ4ABS樹脂パイプを木綿糸と瞬間接着剤でブームに固定後
エポキシ接着剤で補強。エレメントのストッパは4mm長のφ4ABS樹脂パイプを接着。


 ブームは3分割。φ4樹脂パイプにφ2黄銅棒を挿通(補強)したパイプで連結。
f れんけつ


アンテナを写真用三脚に支持する治具は、φ7ABS樹脂パイプと2mm厚のプラスチ
ック板にM3ナットを焼き嵌めで固定してM3ローレットねじを取り付け。
g しじ
この治具は、カテゴリー「無線関連」のアンテナ支持(’15.01.30の記事)をご参照下さい。


     分解収納状態(重量55g うちエレメント15g ブーム40g)
h ぶんかい
’17.02.14の6エレは(重量59g うちエレメント20g ブーム39g)


(3) 蛇足
 (a)ブーム長は今回871mm ’17.02.14のは851mmで、20mm長くなりましたが、
   ブームの重量は今回が1g重くなりました。(また つまらぬ事が出てきた)
   尚、購入したままの1m長のパイプの重量はφ5は20g、φ6は22gで、差が
   小さすぎる様です。パイプに貼られている品名ラベルは同一の商標です。
   今回のφ5はφ6に較べて剛性がかなり小さく、ブームが曲がりやすい。
   他の商標のパイプを試してみようか・と思っています。

φ2アルミ棒はいつものDIYには見つからず、高価ですが、東急ハンズで入手。
いつものφ3アルミパイプよりも剛性が大きく、エレメントとしては良いかも。
エレメント重量は、今回のは15g、’17.02.14のは20gで、まあ予想通り。
それにしても、アンテナ全体で10gくらい軽くなるかと期待していたのに。

MMANAの計算Ga値は、φ2≦φ3. F/B比はφ2≧φ3 となりましたが、
一般的は傾向なのかどうかは“?”。 
ブーム長またはエレメント配置と、エレメント径に“相性”がある様な気もします。


  (b)MMANAのデータ
            計算値
i kKさん

            パターン
j ぱたん

           定義
k Tぎ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する