fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用Halo antenna

(1) はじめに
英文のHPから見つけました。非常に簡単に作ることが出来ました。参考元のHPは “halo antenna”で検索すれば見つかります。2m用と430MHz用アンテナの、それぞれのHPがあり、430MHz用は、4つのアンテナをスタック化して使用しています。

アンテナの直径は12cm程度で、非常にコンパクトです。

(2) 製作
寸法図の緑色がエレメントです。
3 halo ant

 材料は、エレメントはφ3銅線。ガンママッチ部のショートバーは、φ4黄銅パイプを叩き潰した
「黄銅板」。他に、絶縁スペーサとして t3アクリル板。給電は1.5D同軸線を直付けしました。


(3)SWR調整
ガンママッチ部のショートバーを移動させたのですが、SWRは殆ど変化せず、寸法図に赤字で(要調整)と記した、ループ状のメインエレメントの開口部寸法とエレメントの長さで調整しました。調整後のSWRは、430~434MHzで1.1以下です。

 実は、元のHPではショートバーは使わずに、フェーズラインの終端部を直角曲げしてループ状のメインエレメントに直付けしています。そして、SWRはループの開口部の間隔を調整して行うと書かれていました。又、メインエレメント開口部の静電容量が、SWRと関連するので、SWR調整後に、例えばエレメントの固定の為に、開口部に樹脂などを流れ込ませてはイケナイと書かれています。


(4) 簡易電界強度計での測定
   距離3m、出力1Wで、電流計の最大振れは80μAでした。 出力50mWでは、電流計の針は殆ど振れませんでした。性能としてはあまり大したことはありません。他のアンテナ との比較はしていませんが、“八木アンテナの放射器を円形に曲げただけ”です から、この程度でしょう。

エレメントのループの面に平行な方向に放射しますので、ループ面が垂直になる姿勢で垂直偏波になります。指向性は無い様で、ループの開口部や給電部の方向に放射が強くなる(又は弱くなる)という事は認められませんでした。ループの面に対して垂直な方向の放射は僅少でした。


(5) その他
  (a)前記の様に、元のHPでは、アンテナを4個作ってスタック化して使用して
いますが、ループは水平で、間隔は約432mmで、縦に並べており、水平偏波で
使用しているものと思われます。分配器は75Ωの同軸ケーブルを使用したQマッチです。

元のHPでは、2m用のhalo antennaもループが水平で使用しています。

(b)簡易電界強度計の測定結果からも、1個のアンテナのみでは、さほどの性能
は期待出来ません。スタック化で利得向上を図るのが良いかも知れません。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する