fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz 移動用7エレ八木アンテナ

(1) はじめに
 普通の6エレ八木アンテナを作ってみようと思ったのですが、SWRの調整をしているうちに、7エレになってしまいました。


(2) アンテナ寸法
  出来上がったアンテナの“結果的な”寸法図です。再現性は ? です。
1 配置

分解&組立を行う移動用アンテナは、エレメントの種類(長さ)は同じ方が便利ですので、導波器D1~D5は全て同一の長さとしました。

放射器(Ra)の寸法です。
2 放射器
放射器はガンママッチとしましたが、コンデンサの手持ちが無く、省略して直接給電しました。
このため、形は似ていますが、ガンママッチでは無くなった様です。


(3) SWR調整
  始めに放射器エレメントをブームに固定してSWR計に接続し、竹棒の先にセロテープで固定した反射器や放射器エレメントをブームに沿って移動させ、SWRが下がる位置で、ブームにセロテープで仮固定して行きました。これを繰り返したのですが、SWRは2付近から なかなか下りません。ガンママッチ部のショートバーの移動ではSWRはほんの少ししか変わりません。前記の様に6エレのつもりで始めたのですが、結局 D5放射器を追加して、やっと432~434MHzの範囲で1.2になりました。更に追い込むには、導波器の長さを細かく調整する必要が有るのかも知れません。


(4) 簡易電界強度計で比較
    350mW、距離3mで測定した、電流計の振れ。    ブーム長
  7エレ八木(今回作成)      55μA        1110mm 
  6エレダブルバズーカ八木     54μA        716mm

 ブーム長ではダブルバズーカに随分と差が付きましたが、マアこんなものでしょう。


(5) 製作内容
3 全体
ブームの材料は¥100店の園芸用竹棒(直径φ7~9)です。大体真っ直ぐなものを選んだつもりでしたが、写真でも解るように、くねくねと曲がっています。放射器と反射器はφ4アルミパイプ。放射器はφ4銅パイプと、BNC-Jコネクタの接続用にφ2銅線を少々。

 放射器と反射器エレメントは、φ6(肉厚1mm)*20mm長 のアルミパイプをブームに木綿糸と瞬間接着剤で固定(更に2液エポキシ接着剤で補強する予定です)して、受けました。エレメントには抜け止めとして、短く切ったφ5アルミパイプをM2ねじで固定しています。
4 エレメント保持部

ブーム全長は1110mmです。30cmほどの長さに4分割して、黄銅パイプで連結出来るようにしました。
5 ブーム連結部

放射器の給電部です。
BNC-Jコネクタの中心導体を、放射器エレメントの長さの中央に開けたφ2.5の穴に差し込んで半田付けし、コネクタの外部導体側は、φ2銅線で、ガンマロッドに接続しました。給電部付近は3mm厚のアクリル板で支持しています。
6 給電部
φ2銅線の下に見えるM3ナットはブームへの固定用です。アクリル板に小さめの穴を開けておき、ナットをライターで加熱して押し込みました。

ブームの放射器固定部です。M3のローレットねじを竹棒に貫通させ、ナットと黄銅円盤を半田付けして、抜け止めとしました。右脇に、導波器の前後を誤組み付けしないように、お団子の串を切って植え込みました。上の給電部の写真のφ2銅線の有る側が、竹串の有る側になるように組み立てます。逆に組み付けようとすると、竹串と導波器エレメントがぶつかり、ローレットねじを締める事が出来ません。
7 Ra固定部

アンテナを分解した状態です。ブームの太めの竹棒が かさばる感じです。
8 分解

 アンテナ全体を写真用三脚などに取り付ける為の“横棒”の、ブームへの取り付け部です。“横棒”の先にアクリル板を瞬間接着剤とM3のねじ&ナットで取り付け、ブーム側には3mm厚の白いプラスチック板をねじ止めしました。白いプラスチック板にはナットを2個(前記と同じく 加熱して押し込みで)固定して、ローレットねじを付けてあります。
9 横棒固定


(6) その他
(a)放射器D1~D5が全て同一長さという製作例はあまり無い様です。
   アンテナとしては無茶なやり方で、エレメント数から予想される
   本来の性能が出ていないかも知れません。

(b)ガンママッチに形だけ似ましたが、コンデンサを付加しないときちんと動作
  しないものなのでしょう。前記の様に、ショートバーの位置を動かしてもSWRの
  変化は少しで、SWR最低となる周波数もやはり僅かな変化でした。
  コンデンサが無いとガンママッチとは別物で、フォールデッドダイポール
  (折り返しダイポール?)と似たものになっているのかも。

  尚、前回作った halo antenna(下の写真)では、ショートバーの位置を
  変えることを、設計上も想定していない様でした。
91 halo antenna

(c)今回は、アンテナハンドブックのガンママッチの箇所を参考にしただけで、
   成り行き任せで作ってしまいました。 普通の6エレを作るつもりが、
   7エレになってしまった事でもあり、上記の(a)、(b)について、
   今後きちんと確認してみたいと思います。というのが、ちゃんとした
   無線家なのでしょう。 ・・・・ 当局に関しては 気まぐれ次第で、、、。


PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する