アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 7エレ八木

(1)はじめに
  φ4アルミパイプのエレメントの7エレ八木('14..12.12の記事)は反射器よりも
   放射器の方が長い八木でした-----をφ2アルミ線エレメントでのリニューアル。
   MMANAで、('14..12.12の記事)に較べて利得、F/B比がやや大き目のデータが
   出来ましたが、反射器よりも放射器が2mmも短くなってしまった、
  

(2)普通の八木です。
a あん
エレメントはφ2アルミ線、ブームはφ5アルミパイプ
b [すん
MMANAのデータからD3を移動してSWRは、432.5~434.0MHzの範囲内で1.1以下。 
いつもの簡易電界強度計では、出力1W 距離2mで2.8mA でした。


    給電部等の作成は従来と同じです。
 φ2アルミ線エレメント端部にφ3黄銅パイプを嵌め、BNCを半田付け。
 φ7樹脂パイプに樹脂板を接着した上にエレメントを「木綿糸+瞬間接着剤」と
 エポキシ接着剤で固定。
c Q


 給電部のφ7樹脂パイプの弾性を利用して、ブームにパチンと嵌め込みます。
写真左側の導波器はブームに固定したφ4樹脂パイプに挿入、支持します。
d QQ


 ブームは3分割し、φ2ステンレス線を挿入/補強したφ4樹脂パイプで連結。
e れん


    三脚等への支持です。
f しじ


分解収納態 (重量60g. うちエレメントは31gr)
g ぶん


(3)蛇足
(a)「普通の八木」は放射器よりも反射器の方が10mm位が長いのですが、
   「放射器と反射器の長さが同じくらい」の八木も一応動作はする様で、
 反射器が通常より短い事の利点は、反射器の材料費の節約とか&$%?

(b)MMANAのデータ
     計算値 ('14..12.12の記事は Ga:12.46dBi F/B:13.78dB でした)
h Kさん

     パターン
i ぱたん

     定義
j Tぎ

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する