アマチュア無線局 7M2MZOのブログ

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 4エレ位相給電ループ八木

(1) はじめに
ループ八木(’10.12.29の記事)のリニュ-アルです。このアンテナもたくさん
作りましたが、今回は短く収納できる様にしてみました。

(2) 余計なものが付いています。
a あん
 ブームはジャンク品のロッドアンテナ(の一部、3段のみ)白い2本はロッドアンテナの
 各段が回転するのを防止する為に泥縄で追加しました。
 エレメントは無論グローバルアンテナ研究会で領布の帯鋼(リボン鋼)です。
b すん
上図のループエレメント長はSWR調整の結果'10.12.29の記事よりも短くなりました。
SWRは418〜447MHzの範囲内で1.1以下
簡易電界強度計 距離2m 出力1Wで 1.8mA 
同時に測定の7エレ位相給電ループ八木('17.07.11の記事)は2.4mAでした。


           給電部
c Q
   上図と下の写真とは左右が逆です。
d QQ
 左右の白いのは樹脂パイプ。 ブーム(ロッドアンテナ)の回転止めです。
(後述します)


  帯鋼エレメントのスライド収納方法です。スライドパイプはφ4黄銅パイプを
  叩きつぶしたもの。(10mm長)ストッパは同じく(2mm長)です。
  今回は下図の下の図の方式でエレメントは5分割しました。
e すり


        ブームの回り止め
 ブームに使用したロッドアンテナは、各段が相互に回転します。エレメントの自重で
 各段が回転してしまいます。エレメントを整列させるためには回転を止める必要が
あると云う事に組み立ててから、ようやく気が付きました(恥ずかしい です)
 泥縄としてφ6樹脂パイプの両端にスリ割を入れ、エレメント受け(φ4黄銅パイプ
 を叩きつぶした)を挟み込み-支持するようにしました。この樹脂パイプには短尺の
 スリ割を入れた樹脂パイプを接着して、ブームにぱちんと嵌め込むようにしました。
f さぽ


 分解収納状態 ブームは約17cm長に、エレメントは約20cm長に収納。
 (重量71g うちエレメントは44g)
g ぶん


(4)蛇足
 (a)エレメントは同一長の5本をスライドパイプで連結したため収納長がブーム
    よりも長くなりました。予めスライドパイプの長さを補正するように各分割
    エレメントの長さを配分すればブームと同程度の長さに収納出来ると思います。 
   
(b)7エレと同じエレメントスライド方式では、収納長さはエレメント長の約半分
   350mm程度です。短く収納出来て、非常用アンテナとして常時携行しようかと
   思いますが、道楽と云うか、こだわりすぎの様な気は確かにします。






スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する