fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用7エレ八木(制作失敗)

(1)はじめに
前回('18.05.18)の続きです。
 CJUもどきの放射器の折り返し間隔(短辺)8mmの7エレ八木('18.05.12の記事)
のMMANAのデータを利得、F/B比の寄与率を変えての最適化で遊びました。

そのデータのうち、前回('18.05.18)は、「利得は小さいがF/B比が大きい」でした。
今回は「利得大きい、F/B比小さい、ブーム長大きい」というのを作りました。
a 比較


(2)ブームが長い
b あん
 エレメントはφ2アルミ線、
 φ5アルミパイプのブームは自重による撓みを補正するために曲げました。
c すん
D1、D2の配置変更で調整して、SWRは432.6〜433.5MHzの範囲内1.1以下。
簡易電界強度計 距離2m、出力1Wで1.8μA。(計算利得13.70dBi)
 同時測定の前回の('18.05.18の記事)は2.2μA(計算利得13.32dBi)
 

制作内容は「前回の」('18.05.18の記事)とほぼ同じです。省略します。

分解収納状態での重量は66gで前回より1g重い。


(3)蛇足
(a){暑い夏の次は梅雨?
   
(b)MMANAのデータ
           計算値
d Kさん

           放射パターン
e ぱたん

             定義
f Tぎ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する