fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用6エレFD八木4

(1)はじめに
 2年ほど前に作った6エレのFD(折り返しダイポール)—エレメント径φ4,
折り返し間隔30mmを元に エレメント径をφ2に、及び折り返し間隔を
 変化してMMANAで遊んでいたところ、 偶然にサイドーローブの小さい
 データが出来ました。

  折り返し間隔は10mmブームと同じ面での折り返しです
a ら
  

(2)サイドローブは小さ目。利得、F/B比は普通の大きさ。
b あん
エレメントはφ2アルミ線 ブームはφ5アルミパイプ
c すん
MMANAのデータとおりの組立でSWRは432.1〜434.3MHzの範囲内で1.1以下。
何時もの簡易電界強度計 距離2m、出力1Wで1.8μA(計算利得12.11dBi)
同時に測定の6エレ八木('18.08.15の記事)は  1.6μA(計算利得12.26dBi)


  給電部 いつもの作り方です。
d きゅう
  
 ブームは2分割して、移動用のザックに入る最長寸法40cmほどになりました。
 分割-連結の方法はいつもと同じです。--省略します。
 写真用三脚への固定治具も いつもと同じで省略。


   分解収納状態(重量53g うちエレメント31g ブーム22g)
f ぶん


(3)蛇足
(a)何時もの事だが、何故サイドローブが小さくなったのか?はまるで解らず。

(b)MMANAのデータ
        計算値
g K3

        放射パターン
h ぱた

        定義
i Tぎ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する