fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用7エレ八木

参照HPはhttp://www.wells10000.plus.com/m5aml/homebrewaerials.htm 
M5AML局のHPです。 エレメント径φ2ですが、MMANAにデータ入力後
D3、D4、D5の3エレメントを同一長にするなど、遊んだために、元のHPの
データとはかなり変わってしまいました。
ブームは使い残りの断面コの字形(5*8mm 肉厚1mm)のアルミ型材。


(2)赤いエレメント。
a あ
 エレメントは¥100店のφ2アルミ自在ワイヤ。ブームは前回'18.10.20の記事と同じ。
b すん
D1,D3の移動で調整して、SWRは431.7〜433.8MHzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計 距離2m、出力1Wで2.1μA。(計算利得13.31 dBi) 
同時に測定した8エレ八木('18.09.17の記事)は2.0μA(計算利得13.01dBi) 
ブーム長は8エレ八木('18.09.17の記事)は1062mm。今回の7エレ1087mm


(3)製作内容
       給電部
2本のアルミ自在ワイヤの先端部約20mm以外は電気ドリルで捩じり、硬化しました。
硬化していない先端(約20mm長)の先端に10mm長φ3黄銅パイプを嵌めて圧着し、
18mm長φ5樹脂パイプの両側から挿入(2本の先端は約2mmの間隔が開く様に)
10mm長のφ3黄銅パイプにBNCを半田付け。ブームに木綿糸+瞬間接着剤で固定後
エポキシ樹脂で補強。以上で、φ2アルミ自在ワイヤのRaエレメントは10mm長の
φ3黄銅パイプから突き出た約10mm長の(硬化していない)部分で折り曲げ、収納
する事が出来ます。
c らり


    導波器Dの取り付け
アルミ自在ワイヤの中央部約40mm以外は、電気ドリルで捩じり硬化しました。
アルミ自在ワイヤの中央部に20mm長のφ3アルミパイプを挿通し圧着固定。更に
18mm長のφ5樹脂パイプに挿通。ブームに「木綿糸+瞬間接着剤」で固定後エポキシ
接着剤で補強。他の導波器、反射器も同じ方法で固定します。
d れれ


       ブームの連結
コの字形断面(内寸5*10mm-ブームが丁度入るサイズ)のアルミ連結用チャネル
(60mm長)を用いてブーム(コの字形断面--外寸5*8mm)を連結しました。
一方のブームに固定。他方のブームに1本のM3ねじで待ちうけ、φ6アルミパイプの
連結用チャネル、ブームの各先端部に切ったスリットを、各々M3ローレットねじ及び
M3待ち受けねじに挿入。M3ローレットねじを締めて固定します。
f れけ


   三脚の雲台への支持
ブームにM2ねじで、M3ナット及びM3ローレットねじを取り付けたミニステーを
固定し,三脚側のミニステー金具に取り付け。
g しじ


     分解収納状態(重量121g ) ブームは3分割としました。
h ぶん


(4)蛇足
(a)前回の10エレ('18.10.13の記事)との比較。
使い残りのブーム材が丁度入る大きさの、使い残りのアルミチャネルを見つけ。
ブームの連結に使ってみました。加工は前回('18.10.20の記事)の「φ6パイプ
を金槌で叩き潰して連結」よりも楽ですが、重量は大きい。

(b)MMANAのデータ
         計算値
i K3

         放射パターン
j かた

         定義
k Tぎ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する