fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

’09.09.13 明星ケ岳(924m) 小田原市

 箱根登山鉄道の強羅駅で下車。地下道をくぐった駅裏から、くねくね曲がった舗装道を下る途中で、明星ケ岳が見えました。時折陽が射す曇天。
1 明星ケ岳
         左肩に大の字が見えます。

 舗装道を下り切った宮城野橋を渡り、更に舗装道を登り返した先から山道に入ります。
名前に星の字がつく山は比較的少ないので、話のタネにと来てみました。8月に大の字焼きが行われるので、大文字山とも呼ばれるそうです。

2 登り道
 かなり荒れた急な登り道は、両側の笹藪で眺望が全く有りません。大文字焼きの現場?でやっと富士が見えましたが、それ以外は、トンネルを通っている様な感じがあります。

25 トンネル

 トンネルを抜けると、突然 幅広い平らな尾根道が左右に伸びておりました。道の両側は、立木や野草が伸びて眺望はありません。強羅駅から1時間半。快晴になっていました。
 
3 尾根道
             左(西)へ行くと明神が岳へ

31 アザミ
              アザミ

32 ダイコンソウ
             ダイコンソウ

 少し東へ行った、山頂という感じの全く無い、広い道の途中に明星ケ岳の表示がありました。仕方なくビニルシートを敷いてアンテナを組立て、ワッチ開始。あまり聞こえません。たぶん とは思っていましたが、案の定ロケはかなり悪そうです。

41 クルマユリ
                  クルマユリ

 アンテナを6エレダブルバズーカ。スタックに換えましたが、やはり たいして聞こえません。5wでCQを開始。千葉からは強い入感がありましたが、それ以外はは全くダメ。ビームを西方向に振ったところで、横浜、都内方面がなんとか入感。2.5Wに下げます。箱根駒ヶ岳あたりの反射かな?
43ススキの先に月も
    ススキの穂先に月も
        
 午前中に、二人連れのハイカーが2組通過して、あとは、小鳥の声だけ。トンボとチョウが盛んに通過します。日射しが強くなって来ましたが、さほどの暑さにはなりません。

4 ススキとハンゴンソウ
          ハンゴンソウ

 千葉方面は飛ぶ様ですが、都内、横浜方面は5/9-5/9で数局交信出来た他は、各方面の
送受信は、あまり良くありません。ごく近くの小田原市内、南足柄市などが安心して交信出来たくらいでした。電波の飛びがあまり良くないのと、始めて来た山で、下山路の行程が2時間半ほどあるので、13時過ぎに早めに交信終了。13:30 尾根道を塔の峰方面に下山開始。

45 ワレモコウ
            ワレモコウ

46 サラシナショウマ
          サラシナショウマ

47 ハギススキ
           右は萩、左にススキ

 緩やかな尾根道をどんどん下ります。

48 ヤブマメ
               ヤブマメ

51 モミジガサ
                モミジガサ

 尾根道をずんずん下ります。 尾根道の傾斜がかなり急になってきました。

52 何?
                名前がわかりません

 尾根道を ひたすら下ります。

5 ツルボ
             ツルボ
  
明星ケ岳から1時間で舗装された林道に出ました。“900m先 右に塔の峰への山道“の表示がありました。舗装銅を緩く下り、山道を緩く登り返して、コースタイムに遅れること04秒の15:00時04秒に、道の途中の三叉路という感じの塔の峰に到着。水分補給の大休止。

ここから尾根道と別れて、急な道を下ります。

6 竹の葉の下り道
             竹の葉が、白く散り敷いています。

30ほどの下りで阿弥陀寺に着きました。
観音さまにお願いしましたが、もはや手遅れかも。

61 ぼけ封じ


 阿弥陀寺の下で山道とお別れ。箱根登山鉄道の塔ノ沢への道を分け、下りきった箱根湯本駅は、いかにも観光地の賑わいでした。





PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する