fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用6エレ八木

(1)はじめに
‘22.07.24作製の8エレ(参照HP144MHz用八木 は消滅)から1エレメント削除した
 ’22.01.29作成の7エレから 更に1エレ削除した6エレです
a あ

  
(2)Raエレメントはφ2銅棒Re、Dエレメントはφ2アルミ棒
。ブームはφ6アルミパイプ RaよりもReの方が短い 変な八木。
b す
MMANAのデータとおりの作成でフレンド局に譲っていただいたCAA-500では
432.1MHz:SWR1.1:45Ω 433.0Mhz:1.0:50Ω 434.5MHz:1.1:48Ω:
手持ちのBR-400では 431.2~434.4MHzの範囲内で1.1以下。
簡易電界強度計 距離2m 出力1Wで4.8mA
c 230123 ひかくん
‘22.01.23の7エレと簡易電界強度計の指示値が同じですが測定誤差内と思います。
SWR1.1以下の周波数範囲は‘22.01.23よりもかなり狭く’22.07.24と同等


(3)MMANAのデータ
        計算値
d け

        パターン
e ぱ

          定義
f て


(4)制作内容(いつもと同じです)
     給電部
スリ割を入れたφ8樹脂パイプに翼状に接着した3mm厚樹脂板に
放射器エレメントのφ2銅棒を木綿糸+瞬間接着剤&木工ボンドで固定
g らら

    給電部のブームへの取り付け
φ6アルミパイプのブームに、φ8樹脂パイプを加工したの前後方向ストッパ2個及び
給電部の回り止めストッパを固定し、給電部のφ8樹脂パイプの弾性を利用して
パチンと嵌め込みます
h ら

      導波器、反射器のブームへの取付け
導波器の中央部にφ4樹脂パイプを接着。ブームに固定した20mm長φ4樹脂パイプに
挿入支持。反射器も同様です。
i で

ブームは3分割。φ5アルミパイプを介して連結します。
j つ0

  アンテナを写真用三脚の雲台に取り付ける治具
ブームに、M3ナットを半田付けしたミニステー金具治具を2本dのM2ねじで取付け。
この治具のM3ローレットねじで、φ6ステンレスパイプ側のミニステー金具に取り付け。
φ6ステンレスパイプ側のミニステー金具には治具のφ3.2穴に対応する2本のφ3黄銅
パイプを立て、又、ローレットねじに対応する切欠き加工を行っています。
φ6ステンレスパイプのミニステー金具の反対側の端部には、写真用三脚の雲台ネジに
合致する1/4Wナットを取り付けています
k し

  分解/収納状態(重量64g うちエレメント:33g ブーム:31g)
l ぶ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する