fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

過去の自作アンテナ比較

この記事はアマチュア無線のアンテナ関連の記事です
鶴見川沿いの遊歩道の(2/6)の記事は この記事のひとつ前にUPしています。

過去アンテナ比較
  アンテナアナライザへの妨害外乱の発生も消滅も原因不明ですが、ともあれこの頃は
  外乱が無くなった様であり、アンテナ自作を再開したい。 が、何を作るのか?
  アンテナ作成に何の方針も無いのは従来通りだが、、何かの指針を得たくて
 現在手持ちの(ループ八木以外の)過去に作ったアンテナを比較してみた(下表)

  利得、F/B比はMMANAの計算値で、赤線の枠は最高値です。
  {((A)利得+(B)F/B比)}/(C)ブーム長}*100を勝手に性能の目安
  として良いものを黄色の中に更に性能の順位を右の欄外にABCで記しました。
  3,4エレはかなり特異なアンテナで、上から3段目の4エレbend dipoleは
 1/2λ長エレメントの八木です。6~8エレは全て八木アンテナです・
  尚、作成日付はブログの自作アンテナの記事をupした日付です。
あアンテナ比較
  現地で簡便に組立て出来る移動用アンテナは、ブーム長が短くエレメント数が
  少なく、更に利得、F/Bが大きいのが良く “普通の“八木としては6エレが
手軽で良いかな と勝手に思います。

さてさて、とりあえず 上表のアンテナの殆どは本来の行き先の燃えないゴミに排出。
A、B、CのどれかをMMANAで遊んでみようかな?また気が変わるかも知れないが。
以上

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する