fc2ブログ

アマチュア無線局 7M2MZO

430FMで低山ハイキングを兼ねた移動運用を楽しんでいます。

430MHz用 3エレbend dipole

アマチュア無線用アンテナの製作記事です
いつもの鶴見川沿いの記事は この後にあります

(1) はじめに
a アンテナ比較

bend dipoleの「勝手な評価」の値が大きいのは ブーム長の短さが大きいとは思います。
ともあれ 3エレを作りました 4エレよりエレメント折り畳み収納が楽だろうと・
 

(2) 1波長エレメントを折り曲げたダイポールの八木アンテナです
b あ
エレメントは¥100店の柔らかに曲がるφ2アルミ自在ワイヤを使用し、
屈曲部をφ3黄銅パイプで連結 エレメントの屈曲部の近傍以外は
電気ドリルで捩って硬化しました。 
エレメントの姿勢を保つ為に樹脂パイプでサポート
ブームは¥100店のピックアップツール(5段ロッドアンテナの先端に鏡)の
根本側4段を使用

MMANAのデータとおりの組立で
フレンド局に譲って戴いた、CAA-500でのSWR、インピーダンスの測定値は
431.4MHz:1.1:60Ω 433.0MHz:1.0::55Ω 435.8Hz:SWR1.1:50Ω 
手持ちのCAA-400では SWRは431.7〜436.0Hzの範囲内で1.1以下。
いつもの簡易電界強度計の指示値は 出力1mW ,距離2mで2.5mAでした


(3)MMANAのデータ
         計算値  
c け

         パターン 
d ぱ

         定義
e て


(3) 製作内容
     給電部
ブームに接着したφ8樹脂パイプに2mm厚樹脂板を接着。先端のφ3黄銅パイプを圧着
したφ2アルミ自在ワイヤ2本を突き合わせ1mm間隔で配置して」木綿糸+瞬間接着剤
&木工ボンドで固定。黄銅パイプにBNC-BRコネクタを半田付け。
φ2アルミ自在ワイヤはφ3黄銅パイプから出た10mm以外は電気ドリルで捩り硬化
f き

        D1の取り付け
給電部と同様にφ6樹脂パイプと3mm厚樹脂板をブームに接着
両端からφ2φ2アルミ自在ワイヤ2本を挿入、圧着したφ3黄銅パイプを所定の
角度に曲げ木綿糸+瞬間接着剤&木工ボンドで固定。
φ2アルミ自在ワイヤはφ3黄銅パイプから出た10mm以外は電気ドリルで捩り硬化
g で
 Reも同様にφ10樹脂パイプと1mm厚樹脂板を使用して固定
エレメントの姿勢を保つためにφ4,φ6樹脂パイプを使用。
エレメント屈曲部のφ3黄銅パイプに接着したφ6樹脂パイプの長さの調整で
φ4樹脂パイプ4本の長さは同一としました。


   アンテナを写真用三脚へ取り付け
アンテナ側に ニステー金具と同寸のM3ネットを埋め込んだ2mm厚樹脂板を
φ8樹脂パイプを介して接着。M3ローレットねじで固定
i し
三脚側の治具の追加説明はカテゴリー「無線関連」アンテナ支持(‘15.01.30の記事)に

収納状態(アンテナ本体の重量は約60g 樹脂サポートパイプ5g
j ぶ

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する